野外セックスでないとイけない野外プレイフェチに目覚めてしまった!彼女にその事実を伝えるには?

29歳男性です。彼女と最初にエッチしたのは彼女の部屋でした。初めてのお泊まりで彼女のほうから誘ってきたので、彼女とキスをしたりお互いに触り合ったりしたあとに挿入。彼女はとても気持ちよさそうだったので嬉しかったのですが なぜか僕のほうはどんどん萎えてきました。初めてのエッチで彼女をガッカリさせたくないと思い「我慢できない!」とイったふりをしました。それが彼女にバレないようにゴムも素早く捨てました。
  
そういうことが何度か続いたある日、デート中の公園のかげで彼女を誘ってみたところ、恥ずかしがりながらも彼女はそれを受け入れてくれました。そしていざエッチをしてみると・・・今までに味わったことのない快感が激しく押し寄せてきて、すぐにイってしまいました。彼女もこれにはびっくりしていました。
 
その時の快感を忘れることができず、僕は野外プレイ以外ではイけなくなってしまいました。いずれこれは彼女にバレると思うので彼女にそのことを告白しようと思うのですが、どのように伝えれば彼女を傷つけずにすむのかで悩んでいます。

 

野外フェチに目覚めたようですね

野外セックス 野外プレイ

ライター七海

  
普通のプレイでは勃起不足やイくことができない・・たしかに彼女とセックスをするのに、毎回 野外プレイというわけにはいきませんから このままだとつらいですよね。

彼女との初体験の時に普通のプレイでイけなかったということは、野外フェチですね。

オナニーするとき、野外モノや痴漢系のアダルト動画、雑誌を好んで見ていませんでしたか?

もし、そうなら 普通のプレイでは満足できない体質なのでしょう。

かといって悲観しないでください!これからもずっと普通のプレイができないというわけではありません。フェチとは上手に付き合うことで、普通のプレイでも快感を得ることはできますよ。

しかし、普通のプレイを楽しむためには、彼女との信頼関係がキーとなります。

もちろん、普通のプレイをあきらめて 彼女に隠してそのフェチを風俗や他のセフレで解消することもできますが、やっぱりそれではあなた自身がつらいですよね?

ここでは自分のフェチと向き合うために、彼女と協力して普通のセックスでも興奮できるような体質にしていく方法を紹介します。
 

野外プレイでしかイけないことを素直に彼女に伝える

野外セックス 野外プレイ

まずは野外でしかイけないことを、素直に彼女に伝えましょう。

彼女が好きで、長く付き合っていきたいなら、きちんと自分の体質をカミングアウトすることが大切です。

彼女が本当にあなたのことを思っているなら、彼氏のフェチを真摯に受け止めてくれるはずです。

もしそこで離れていってしまうようなら仕方がありません。彼女は本気であなたのことを思っていなかった…ご縁がなかったとあきらめるべきです。

これはつらい選択だと思いますが、彼女の本当の気持ちもわかりますし あなたも自分自身のフェチときちんと向き合えるきっかけとなるはずです。

そして彼女にフェチを告白した後に、自分がそれで真剣に悩んでいることを素直に話しましょう。本当にあなたのことが好きな彼女なら、あなたの告白を親身になって聞いてくれます。

まずあなたは 偽りなく全てを話すときに今まで秘密にしていたことを、まず謝るところから始めてください。

ずっと言いづらくて、今まで隠していてごめん。
 
こんな風に、謝ってから本題に入ります。

この時に「野外プレイ」でしかイけないのはフェチであって彼女に魅力がないことではない…を必ず伝えます。

そうしないと、彼女が

それは自分に魅力がないから?
 
・・・と不安になってしまうからです。

自分なりに考えても、これはあくまでも自分のフェチであって A子に魅力がないからじゃないんだ
  
こんな感じにはっきり言いましょう。そしてそれから あなたが彼女を本気で好きなこと、これからも付き合っていきたいことを話します。

ここでは彼女にどれだけ真剣な気持ちが伝わるかがポイントですよ。
 

彼女に協力してもらって色々なプレイを試してみる

野外セックス 野外プレイ

彼女があなたの告白を聞いてそれを真摯に受け止めてくれたら、次のステップに進みましょう。

まず普通のセックスで気持ちよさを感じるようになる練習からです。彼女にも協力してもらって、色々なプレイをしてみましょう。

ノーマルプレイにも色々なセックスのやり方があります。ただ入れて出すだけではありませんよね?

まずはイチャイチャな雰囲気をセックスの前に作りましょう。

●ホテルを2人で選ぶ
●一緒にお風呂に入っていちゃいちゃする
●キスやペッティングに時間をかける

こんな風に、ペニスを挿入までに2人のリラックスしたラブタイムを長く作ります。

この時、はじめからイけなくてもいいんですよ。彼女だってあなたが好きなら、2人でイチャつく時間も大切だと感じているはず。

あなたはとにかくリラックスして、彼女を愛撫したりされたりする方向にだけ意識を向けてみてください。それを継続していくうちに、ノーマルなセックスでもイけるようになってきます。

フェチを受け入れつつセックスすることは とても時間がかかることです。ですから焦らずゆっくりと、彼女と関係を築いていく気持ちが必須です。

もちろん、たまには「野外プレイ」であなたのフェチを発散させることも大切です。

フェチを完全に封印する必要はありません。いつも、我慢していることもストレスになってつらいだけです。

野外フェチを彼女が理解してくれているのなら、2人で上手にフェチと向き合いながら、セックスライフを楽しんでいけばいいのです。
  
 

この記事を書いたライター
七海:女性・30代後半・既婚
18歳から風俗で働き始め、20代は仕事と色々な不倫を体験しました。現在は風俗で知り合ったお客さんと結婚し、1児の母です。風俗や不倫体験をいかして、コラムを書いていきます。