SMの出会いとパートナー探しの両立困難!恋人に性癖を告白すべき?

SM 出会い25歳女性です。私は特殊な性癖を持っています。いわゆるSMが好きなんです。

でも付き合う人はノーマルな方ばかりで、SMに興味はあってもプレイとしてしてくれない人ばかりでした。

そのため今は恋人ではなくSMパートナーがいて 性としてはとても満足しています。

でもその人は恋人ではないので恋人らしくデートをしたり食事をしたり好きなところに行くことはありません。

SM 出会い
SM 出会い
SM 出会い
 
自分の性癖を優先させるのか、それとも我慢して恋人と合わせるのか、私はどちらにしたらいいのでしょうか。

2つ合う人がいればいいのですが、なかなかいないです。
 
今後のことも考えると恋人を作ることを優先させるべきなのでしょうけれど、私にとってSMは性癖だけじゃなくて 生活の一部のようなところもあります。

少なくてもsmに引かなくていい人、あるいは他にSMパートナーを作ってもいいという人と会いたいと悩んでいます。

 

同じ性癖の人に出会う場所を限定する方がいい

SM 出会い

SM 出会い特殊な性癖を持っているとそれをカミングアウトするのも勇気がいるもの。

大事な人だからこそ、自分の性癖をカミングアウトすることで引かれたらと思い、言い出せず悶々としてしまう。

そういった少しの我慢が長年の続くと、なんとなくギクシャクしていくものです。

まずは、パートナーに正直に伝えることが良いのですが、伝え方も重要です。パートナーへの伝え方、どういった風にしたら良いのか考えていきましょう。

自分の出会いたい人は、大抵自分の好きなところにいるものです。

活動している人には、良い出会いがありますし 趣味で集まったグループなどには気があう人が多いですよね。

自分の趣味と会う人を見つけるには、そういった場所やグループに所属するのが一番です。

しかし、女性のみでそういった場所に行くのは難しいもの。

今はSNSなどで、そういったグループに所属するのも容易ではあります。

まずは、趣味の合う場所やグループを発見し連絡を取ってみることが一番です

普通に会う人にはいきなり性的な話はできなくても、ネット上の人には気軽にカミングアウトできるのではないでしょうか。

そういう話をすることで、相手の反応やカミングアウトするときの練習にもなりますよね。

そういうツールを使って良い出逢いを見つけてみましょう。

パートナーが好きなことには興味を持つもの。思い切ってカミングアウトしてみては?

SM 出会い

SM 出会い特殊な性癖は受け入れにくいから、なかなかカミングアウト出来ず、引かれることを思うと思いとどまってしまうということはあります。

しかし、パートナーが好きなことには、一般的には興味を持ちやすいものです。

いきなりハードなものでなければ、たいていの人は快くうけいれてくれることでしょう。

最初は、SMに興味があることを少しカミングアウトしてみては?

その時点で引かれるようであれば、相手との関係はそもそもうまくいかないでしょう。

性癖を告白されても 相手のことを好きであれば 大なり小なりそれを受け入れようという反応が必ずあるはずです。

自分の大事なパートナーが好きなもの、興味があるものには興味を持ちやすいですし、一緒にその場を共有することは、大きく2人の仲を深めることになるはずです。

ですが、実際にSM行為をするときには、あくまで相手に対して不快な思いにならないような配慮は必要です。

相手への信頼・配慮を持って対応するようにしていくことで、愛情も深まるはずですし、パートナーのギャップを見られるのはある意味嬉しいことでもあります。

SMが趣味の別のパートナーを持ってみるという選択肢もあり

SM 出会い

SM 出会い相手への理解が得られない場合、最終手段としてほかのパートナーを持つこともひとつの手です。

自分がほかのパートナーをの持つことに理解を得られる人なら良いですが、そういう人にはなかなか出会えないもの。

そういった場合にもSNSは有用です。

相手に必要最低限の情報を伝え、一度きりで終わる。こういった関係なら割り切って楽しめるはずです。

一番は良いパートナーを見つけ、その趣味を理解してもらうことだろうと思います。

良いパートナーをみつけるのは苦労するかもしれませんが、諦めず活動することによって、良い出逢いは必ずあるものです。

活動し続けている人には良い出会いがあり、良いパートナーに出会える確率も上がります。

SMプレイを楽しめるコミュニティやサービス

長時間プレイOKなラブローション
アストログライド・レギュラー
アストログライド・レギュラー
一般ローションをお湯で延ばしたような感じで、愛液に近く、セックスでもアナルでもオナホールでも使い勝手の良い粘度です。そして、最大の特徴が恐ろしいほど渇きにくいこと。10分間、高速で手でこねくり回してもまだ十分に潤滑性があり、一般的な水溶性ローションに見られる擦り続けると白い個体になる現象がありません。グリセリン系であれば分かるのですが、使用感のよい水溶性で出来たのは素晴らしいですね。
本国では医療用として使用され、コンドームの劣化もない安全性の高い商品です。一見すると価格が高いように思えますが、ごく少量で高い潤滑性が得られますので、利用時間で比較すると、それほど変わりはないでしょう。
アストログライドジェル
アストログライドジェル
上質な使用感に長時間の潤滑性能。コンドーム相性も良く、高い保湿性能など全ての特性を一切損なうことなく、垂れにくいジェル化に成功しています。このジェルの素晴らしさを実感できるのは”女性”です。垂れない利点を活かし、行為の前に自身で仕込み体温まで暖められたアストロジェルは愛液そのもの。”濡れやすい女”に変わるのです。男性が使う上でも塗りやすくベッドを汚す心配がないということで本国アメリカではアナル用途含め圧倒的な支持を得ています。
Peace's(ピーシーズ) 高粘度
Peace's(ピーシーズ) 高粘度
ローション特有のネバネバと糸を引く、あのエロティックな潤滑フィーリングを思う存分に楽しめる仕様です。お風呂場などで全身を使ったソープランドのようなマットプレイや、ベッド上でも防水シートを利用してのローションマッサージなどに適しており、どちらかというとカップルユース向け。しかも、ドバドバと大量に使ってダイナミックに遊んでこそ、アダルトローションならではの卑猥なニュルニュル音や糸引きが発揮でき、より官能的なプレイへと導いてくれるでしょう。なお、本作も既存のポリアク系同様、途中で水分を補充してあげると潤滑性能が回復。乾いてきたら霧吹き一発でグラデーションがかかったように回復するため、粘膜を痛めることなく、長時間のハードプレイが楽しめます。