ラブローションの使い方!グリセリン等の成分と種類による使い分け方

ラブローションの成分と種類別の使い方のポイント

ラブローションの使い方

独特な感触により新たな刺激を与えたり、サイズの合わない男性器を入れたりと、セックスの補助に使われるラブローションですが、主成分で出来ているかは意外と多岐にわたります。

ラブローションは、ポリアク系・シリコン系・ポリクオ系・カルボマー系・グリセリン系に分類されます。
 
ラブローションの使い方
 
種類が違ければ性質も違い、適した使い方も違うものです。なんらかの目的でローションを使うのならば、成分による違いを把握しておきましょう。

ローションの主成分は水と添加物ですから、お肌に刺激はありませんが、ポリアクやローションに含まれる増粘剤がお肌の乾燥や肌荒れの原因になることがあります。

お肌が敏感な方は使う前にパッチテストを行ったり、使用後には早めにしっかり洗い流すことが大切です。
 

ポリアク系ローションはスタンダード

ラブローションの使い方
 
市販されているローションの中で、一番流通量が多く、手軽に入手できるローションがポリアク系ローションです。

主成分であるポリアクリル酸ナトリウムは安全性が高く、デリケートな部分に接する生理用品やオムツにも使われる他、パンやソースなどに食品添加物としても使用されるので、口に含んでも問題ありません。

粘性もとても高いので伸ばしやすく、全身に塗るなど広い範囲に使いやすいローションです。

ラブローションの使い方

ラブローションの使い方

しかしポリアク系ローションは粘性と吸水性が高いので洗い流しにくく、残ったローションが肌の水分を吸い取り乾燥させ、肌荒れの原因になりやすいのがデメリットです。

また、洗い残したローションは雑菌が繁殖してしまうので、使用後に洗いにくい膣内に使用すると、後々衛生面で問題になる事もあるので、膣内に使うには向きません。

もし膣内に入ってしまった時は、ビデや洗浄ポンプなどを使って、できるだけローションを残さないように念入りに洗い流しましょう。

また、お肌のヌルヌルがなかなか取れないときや ディルドなどアダルトグッズを利用するときに使った場合は、洗い落とすときに塩を使いましょう。

ラブローションの使い方

ラブローションの使い方
 

ポリアク系ローションの特徴
●価格が安くコスパは最高
●商品のバリエーションが豊富
●ぬるぬる糸引きローションでエッチに遊びたい
●ねばねばが水洗いだけでは落としづらい
●肌に残ると乾燥し、肌荒れの原因になる
●洗い落としにくく粘膜内に残りやすいので膣内には使わないほうがいい
ぺぺ ローション
ペペローション 360ml
ペペローション 360ml
言わずと知れたローションの元祖!!20年以上の実績を誇るロングセラー!ソープでも使用されている商品です。他店と比べても負けないお値打ち価格です。
ペペ・ラバラバ360ml
ペペ・ラバラバ360ml
オナホールやバイブなどのゴム製品に相性の良い“ぺぺラバ” ペペローションを含む従来のローションでは、バイブやオナホールに垂らしても弾くように落ちてしまうローションのりの悪さが問題でしたが、本品はヒドロ系成分やグリセリンを配合することで、ゴム製品にも馴染みやすく改良されています。ジェルのような感触は、乾きにくく、洗い流しがが簡単といった使い勝手の良さもあり、またゴム製品と相性のよいグリセリンも含むことで 保湿力や保護力もアップされた、アダルトグッズに適したローションです。
ペペスペシャル バックドア
ペペスペシャル バックドア
特別仕様のアナル向けローション。その特性はオリジナルよりもオイリーで乾きにくい印象。ネットリと糸を引く感じが濃厚で、潤滑性能もかなり優秀といえます。しかし、「アナルに最適か?」といわれると、もっとアナルに特化したローションはいくらでもあり、残念ながら専用品の域には届いていません。アナル愛好家たちの“お気に入り”には届きそうにないものの、この特濃&高潤滑で乾きにくいローション特性は、まったり嗜好のオナホマニアにとっては大歓迎。ひとたびオナホに垂らせば、濃厚ローションの層がペニスとの摩擦を奪い、にゅるにゅる&まったりとした味わいのオナホへと変化させてくれます。ロングプレイをジックリ楽しみたい方にはオススメですよ。
ペペ360 ワンカーズ
ペペ360 ワンカーズ
気軽に使える手コキ専用ローション。いつもの手淫が何倍も気持ちいい!この「ペペ360 ワンカーズ」は超基本的かつ普遍的な男のオナニーである“手コキ”に照準を絞ってつくられた低~中粘度ローション。ティッシュの貼り付きが少なく、洗い流しやすいうえに乾きにくいのが特長で、滑らかできめ細やかな粘度を持つため、潤滑性能も長くキープします。オナホを使うほどの手間は掛けたくないけど、いつもの手コキよりもうちょっと気持ちよくなりたい…。そんな“手コキ以上オナホ未満”の快感を得るのに最適な、お手軽オナニーローションです。
ペペ360 オーガニック
ペペ高粘度タイプ1L
ペペ高粘度タイプ1L
無色・無味・無臭の高粘度なので、お好みに応じて水やお湯で薄めてご利用下さい。
三ツ星ローション容器(特大)
三ツ星ローション容器
ペペ温感
ペペ温感
女性のラブジュースと同じ感覚の温感タイプ。ヒンヤリ感がなく乾きがなく長時間すべりが持続します。
 

シリコン系ローションは潤滑性

 
ラブローションの使い方
 
滑りの良さをローションに求める場合、最も適しているのはシリコン系ローションです。

乾きにくさから高い潤滑性が長時間続く性質が有るので、特に体の方から潤滑液が出ないアナルプレイに向いており、シリコン系ローションの多くがアナル用の商品です。

デメリットとしては器具との相性の悪さが挙げられます。シリコン製の大人のおもちゃとは同じ成分で出来ているので成分が溶け出てしまう恐れがあります。

ただし、こうした融解の可能性はかなり低く、普通に使っているぶんには大丈夫なことがほとんど。
触れたら即溶け出すようなこともありませんので、あまり神経質にならなくてもいいでしょう。

シリコン系ローションの特徴
●あらゆるローションの中で潤滑性はトップクラス
●滑らかでさらっとしたテクスチャー
●乾きにくく潤滑力が長持ち⇒アナルプレイ向き
●落ちにくい(洗い流すのが大変)
●シリコン素材のアダルトグッズとの相性が悪い
 
A10サイクロンSA +PLUS(プラス)
A10サイクロンSA +PLUS(プラス)
セックスより気持ちいいと評判の電動オナホール!自分の意志とは裏腹にペニスを容赦なく責めてくれる疲れ知らずのオナホール!通常のオナニーと違う刺激が病みつきになります。
A10サイクロンSA専用ホール メデューサ
A10サイクロンSA専用ホール メデューサ
まずは広めのホールで内部の触手を堪能!萎えかけのペニスもこの不規則な触手に触れられギンギンにフル勃起!
A10サイクロンSA専用ホール マスター
A10サイクロンSA専用ホール マスター
A10サイクロンSAの性能そのままの快感をペニスに伝えるスタンダードなタイプです。内部構造のタテヒダが回転時に程よい刺激を与えてくれます。
A10サイクロンSA専用ホール ボルテックス
A10サイクロンSA専用ホール ボルテックス
立体的な内部構造で狭い穴のイボやヒダが無次元の刺激を生み出す高刺激タイプです。
A10サイクロンSA専用ホール インフィニティ
A10サイクロンSA専用ホール インフィニティ
溝のないツルツルの内部がペニスを包むように密着し、全体を摩擦で刺激してくれて、この密着度は隙がなくペニスに休む暇を与えません。
A10サイクロンSA専用ホール ダブルフラップ
A10サイクロンSA専用ホール ダブルフラップ
内部の巨大なヒダがフェラのような刺激を生み出し、舐め回されているような感覚がいいと人気を集めています。
A10サイクロンSA専用ホール スパイラル
A10サイクロンSA専用ホール スパイラル
内部の極太のヒダと細かい縦ヒダがトルクフルな回転とベストマッチ!細かいヒダで繊細にタッチ、極太のヒダで強引に擦り付けてくる刺激がたまりません!
A10サイクロンSA専用ホール クリスタル
A10サイクロンSA専用ホール クリスタル
ピラミッド状のブロックが敷き詰められた内部構造はペニスを過激に刺激します。ピストンの縦方向でも実力を発揮するオールマイティーなタイプです。
A10サイクロンSA専用ホール シェイプ
A10サイクロンSA専用ホール シェイプ
波型のヒダが刺激する位置を変化させ、奥に進むほど狭くなり、ベストポイントの部分を探し当ててくれる優れものです。

A10サイクロンSA専用ホール グランス
A10サイクロンSA専用ホール グランス
左右非対称の構造と挿入の深さで圧力が変化し亀頭を刺激、飽きさせないオナニーを実現しています。
A10サイクロンSA専用ホール ダブル
A10サイクロンSA専用ホール ダブル
ホールの内部に2つの穴が…イボのヒダの2ホールでお得感が倍増!締め付け感や内壁の感触が比べられる、ひとつで2度美味しいオナホールです。
A10サイクロンSA専用ホール ツイスト
A10サイクロンSA専用ホール ツイスト
内部構造がS字状態で挿入すると内壁がうねって絡み付くまさに大蛇!締め付けられたペニスはヒダやイボが刺激を倍増し射精に導きます。
A10サイクロンSA専用ホール オーラル
A10サイクロンSA専用ホール オーラル
何と内部に2つの舌が…手前の舌は小さめ奥の舌は大きめ、大きさの違う舌でローリングフェラを堪能できます。
 

ポリクオ系ローションは低刺激

ラブローションの使い方

肌が弱く肌荒れを起こしやすい事が悩みの方には、ポリクオ系ローションがオススメです。

化粧品や洗髪剤によく使われるポリクオタニウムという成分でできており、肌に対する刺激が弱いので、敏感肌であっても肌荒れを起こす心配なく ヌルヌルとした感触を楽しめます。

用途の幅も広く、自慰行為から性器・アナルへの挿入にも利用できる汎用性も魅力です。

汎用性に優れるポリクオ系ローションではありますが、万能型だからこそ、それぞれの性質は他のローションに劣っています。

同じヌルヌルタイプでも広範囲に広げたければポリアク系の方が伸ばしやすいですし、潤滑性と持続時間はシリコン系に敵いません。

ラブローションは特定の目的に合わせて使うものでもあり、その場合なんらかの機能に特化した物が優先されることが多いので、ポリクオ系ローションは種類が少なく見つけにくいのも難点です。

とにかく肌荒れを起こしたくないならポリクオ系がいいですが、用途に合わせた使い心地にこだわるなら不向きです。

ポリクオ系ローションの特徴
●シャンプーや化粧品に使われるほど人体への適合性が高く安全。
●ポリアク系並の潤滑力+低刺激
●ポリアクのように肌水分を吸収しないのがメリット(肌荒れが少ない)
●種類が少ない(=選択肢が少ない)
 
性病検査キット
SSBクラミジア検査キット
SSBクラミジア検査キット
女性の子宮頸部と男性の尿道部におけるクラミジア・トラコマチス感染を自宅で簡単に検査できます。採取した検体を色で判断できるシステムで、15分で結果判定可能です。検査キットは3回分が個別包装されており日本語説明書も付属しています。

【クラミジア・トラコマチス感染症】
性交渉を介して感染する細菌感染症で、感染後数週間程度で発症しますが、感染しても、女性の約70%および男性の約50%は、これといった症状がないまま、保菌者になっている場合が多いと言われています。
治療せずに放置した場合、女性は子宮頸管炎、尿道炎、子宮内膜炎、骨盤内炎症性疾患(PID)、子宮外妊娠や不妊症の発生原因となるほか、産道感染により新生児が結膜炎・肺炎を発症することがあります。
男性は、尿道経由で前立腺炎・副睾丸炎(精巣上体炎)・肝炎・腎炎の原因となります。
またクラミジアに感染していると、他の性行為感染症やHIVの感染率も高くなります。
エイズ検査キット
エイズ検査キット
このHIV/AIDS SELF TEST KIT(エイズ検査キット)は、自分で簡単に検査が出来ます。検査キットは簡易式につき、結果は目安とお考え下さい。

※ランセットの針が出てこない場合がございます。その場合、お手数ですが分解して針を取り出してお使いください。
※正しい検査結果につきましては、医療機関で受診して下さい。
梅毒セルフテストキット
梅毒セルフテストキット
このSYPHILIS (梅毒検査キット)は、自分で簡単に検査が出来ます。このキットは簡易式につき、結果は目安とお考え下さい。正しい検査結果につきましては、医療機関で受診して下さい。
DEMECAL自己検査キット【HIVセルフチェック】
DEMECAL自己検査キット【HIVセルフチェック】
生涯健康管理の新しい形。自宅で採血して郵送すればあとは待つだけ。自分で簡単にHIVの検査が出来ます。わずかな心当たりがありながら不安な日々を送るより、まずは[自己検査]をしましょう。誰にも知られることなく正確に行うことが出来ます
 

カルボマー系ローションは洗い流しが簡単

ラブローションの使い方

ラブローションは後始末が面倒だから、気軽に使えるものが欲しいというのならば、カルボマー系ローションが良いでしょう。

カルボキシビニルポリマーという安全性を求められる基礎化粧品や化粧水に以前から使われていた成分を使用しており、ローションとしては比較的新参ではありますが、安全性は折り紙付きです。

サラサラとした感触で、簡単に洗い流すことが出来ることから、挿入時の愛液代わりにしたり、ローションマッサージにも適しています。

しかし粘性が弱いので水分がなくなりやすく、持続時間が非常に短いというのは見逃せない欠点です。

時間の掛かる行為に使うには途中で何度も継ぎ足しをする必要があり、度重なる中断から逆に興奮を冷ましてしまう可能性も高いです。

長時間に及ぶプレイには向かないので、あくまでプレイ中のアクセントとして使用したいという方向けのローションです。

カルボマー系ローションの特徴
●さらっとしていて粘度がない≒乾きやすい
●塗ると肌に潤滑力を与えるが、浸透はしない。
●肌に浸透しないので、ふき取るだけで落とせる
●長時間プレイや糸引きを求めるシーンには不向き
フェアリーミニ
フェアリーミニ
家庭用電源で超強力な振動を与える”フェアリー”を1/2サイズの小型化に成功。ミドルバイブと変わらぬ大きさで、しかも振動感はほとんど落ちずに超振動のまま小型化された素晴らしい完成度の電マです。これまで厳しかったピストンスタイルや一人エッチなど幅広いプレイも可能です。フェアリーミニに対応したアタッチメントもあります。
フェアリーミニ専用アタッチメント
フェアリーミニ専用アタッチメント
人間工学に基づいた玩具として今もなお圧倒的な販売数を誇るオルガスターとフェアリーミニ、二大ヒット商品の夢の競演。
オルガスターBIGと寸分変わらぬサイズと、素材感。エネマは根元部分が細身で振動が削がれていることもあり、電マアタッチメントとしては良作。
フェアリーミニ専用アタッチメント3
フェアリーミニ専用アタッチメント3
特徴の異なる3種類のヴァギナ用アイテム。堅すぎず柔らかすぎない硬度により、先端まで十分に振動を送れるよう設計されています。
フェアリーミニ専用アタッチメント4
フェアリーミニ専用アタッチメント4
2種類のアナル向けアイテム。堅すぎず柔らかすぎない硬度により、先端まで十分に振動を送れるよう設計されています。
フェミニマイブー
フェミニマイブー
バイブと同じような、ペニスの型とクリちゃん刺激を取り入れたフェアリーミニ専用アタッチメント。バイブに使用されるエラストマーを使用し、柔らかくコシがあり、つるつる無臭で、これまでの硬かったアタッチメントには無い柔らかさ。
フェミニカオス
フェミニカオス
女性器全体を覆いかぶせる特殊な形状のフェアリーミニ専用アタッチメント。”バイブー”と同じ消しゴムを柔らかくしたようなソフトな感触が魅力で、性感帯全体を包み込むように刺激します。膣内へ与える刺激が少ないことからも前戯に優れたアイテムで、強弱コントロールができるフェアリーミニとの相性もバッチリです。
 

グリセリン系ローションは潤いをサポート!デカチンに最適

ラブローションの使い方

セックスの際に男性器が大きすぎて痛みが問題になっている場合、最も相性のいいローションはグリセリン系ローションです。

グリセリンは浣腸剤や目薬などの敏感な部分に使用する医薬品にも使われており、充分な潤滑性を与えてくれますし、持続性も極端に短くないので、挿入時の負荷を安全に軽減することが出来ます。

また、水溶性で洗い流しやすいのも、洗いにくい膣内に使用するローションとしては無視できないメリットです。

このように挿入時のローションとしては非常に有効ではありますが、他のローションより単価が高いという問題があります。

挿入時の補助のためなら、多くの量は必要にならないのでそこまで問題にもならないのですが、それ以外の用途に使うとすぐに使い切ってしまいコストパフォーマンスが良くないので、ローションプレイには他のローションを使用して、グリセリン系ローションは膣挿入時の補助としてのみ使うのが無難です。
 

グリセリン系ローションの特徴
●コスパが良くない
●潤いサポート向きで、ローションプレイには不向き
●水溶性・糸引きやヌルヌルはなし
●簡単に洗い流せて安心&安全
●膣内に入っても問題なし
 
ウーマナイザー シリーズ
Womanizer(ウーマナイザー)PRO40
Womanizer(ウーマナイザー)PRO40
●すべてのボタンがプッシュ式で使いやすい 
●シリコンヘッドは大きなクリトリスにも対応するLサイズと従来サイズの2種類 
●Womanizer2に比べ、バッテリーの持ちと、吸引力は半分 
●吸い付くタイプのクリトリスバイブレーター 
 
●USB充電式 ●素材:シリコン,ABS樹脂 ●吸引強弱:5段階 ●完全防水 ●一年間のメーカー保証 ●ブランド:womanzier(ドイツ)
Womanizer(ウーマナイザー)2GO
Womanizer(ウーマナイザー)2GO
脈動する吸引機構と防水性を備えて超進化!口紅モチーフのエレガントさも女子ウケ抜群!カバーを外すと本物の口紅と見間違いそうな、真っ赤な吸入口が現れます。先端はシリコン素材で柔らかく、2種類のキャップが付け替え可能。
 
さすが吸引ローターの元祖で、初代の頃から“アクメ到達率100%”を謳っているだけあって、相変わらずパワフルかつ良質な吸引で、静音性もすこぶる優秀です。ノズルの中で空気が脈動し、単純に吸い付くだけじゃない、独特の衝撃波を味わえるようになっています。

Womanizer2(ウーマナイザー2)
Womanizer2(ウーマナイザー2)
軽量化と機能性アップで使い勝手が進化!ズルいほど的確にイカせるクリ責めマシン。“最強のクリ刺激マシン”といわれたドイツの「Womanizer(ウーマナイザー)」のすべての要素をグレードアップさせたセカンドモデルです。クリトリスに吸い付きながら微細に振動する“オンナ殺し機構”はそのままに、デザインとユーザービリティを一新した正当進化版。
 
機能・仕様面ではボディ重量が約40gも軽くなり、プレイ時にホールドしつづける負担を軽減。最大吸引力もアップし、パワーレベルも5段階から8段階に拡充され、より繊細な刺激調整が可能になっています。メーカーの謳い文句“100%オーガズム保証”は、その素晴らしい快感性能を表す絶対的な自信であり、事実それだけの実力は十分備えているといえます。本作は女性にとって“至高のオナニーグッズ”であると同時に、男性にとっては“最高の手抜きアイテム”となり得ます。
 

ラブローションの使い分け・ざっくりまとめ

ラブローションの使い方

普通のエッチで使うラブローションは、グリセリン系であればコンドームと併用して使用することができます。また、グリセリン系のローションは水に溶けやすいので、体についたローションは簡単に洗い流すことが出来ます。

ポリアク系ローションも挿入時のみ使用することが出来ますが、使用後はしっかり洗い流すようにし、肌荒れに注意しましょう。膣内に入れるのは避けましょう。

カルボマー系ローションは、乾きやすいので長時間のセックスには不向きで、このタイプは男性がオナホに使うことが多いです。

シリコン系のローションや、カルボマー系ローションは、コンドームにつけないほうがよいです(全てではないかもしれませんので、使う前にトリセツを読みましょう) 

シリコン系のローションはオイルが使われているものもあり、コンドームが溶けたり、劣化に通じることがあるからです(大手メーカーのものはほとんど大丈夫と思われますが、念のため注意した方がいいでしょう)

ラブローションを舐める事の安全性は?コンドームが溶けるって本当?
ラブローションはほとんど水でできていますが中にはオイルを含んだローションもありコンドームと併用すると化学反応が起きてコンドームが溶けたり破れたりする可能性がゼロではないことも。コンドームと併用できるローションかどうかを必ず確かめてから利用…