ラブローションを舐める事の安全性は?コンドームが溶けるって本当?

ラブローションを舐めるのは・・・安全?

ローションを舐める

ラブローションを口に含むくらいか舐める程度…ゴクゴク飲むのは あたりまえですが危険ですよね。

「ラブローションの素材は海藻でできているから舐めることはもちろん、飲用しても大丈夫!」などと信じている人がいますが、現在ではそれは間違った認識です。

昔は材料が海藻でできたラブローションもありしましたが、現在のアダルトグッズ用で販売されているラブローションに、海藻を主成分としたラブローションはありません。

年配の方の中には ラブローション=海藻と思い込んでいる方が多数いますが、最近はローションもかなり進化を遂げているので、成分が多岐に渡ります。

では、ラブローションを口にしたり 万が一飲み込んでしまったら危ないの?というと、必ず危険という訳ではありません。

ラブローションの中でも成分がほぼ水でできているポリアク系のラブローションや グリセリン系のラブローションであれば、舐めることはもちろん口に含んでも大丈夫です。

さらに、味付きのラブローションなどもあり、こちらは舐めることを前提につくられている商品なので、口にして大丈夫です。

ただし、味付きのラブローションには糖分が含まれている物も多いので、糖尿病・ダイエット中の方は注意が必要です。

どのタイプのラブローションにも言えることですが、舐める・口に含むくらいで、ドリンクのようにゴクゴクと飲むことは危険です。言うまでもなく。

プレイ中に、愛撫として全身に塗ったラブローションを「舐める」程度しか想定されていないものですから、ほどほどなプレイでお楽しみください。

ラブローションでかぶれない?肌荒れや粘膜は大丈夫?

ローションを舐める

ラブローションの成分は主に水と添加物で、肌に優しい原料を使っている物がほとんどです。

中には、ポリアクリル酸ナトリウムや増粘剤が、肌に合わず乾燥や肌荒れの原因になる場合もまれにあるようです。

もともと肌が弱かったりして心配な方は、使用前に少量のラブローションでパッチテストをして、自分の肌に合うか確認してから使用することをおすすめします。

ラブローションは、その成分は商品ごとに異なるので、注意すべき点も違います。

最近はローションもユーザーのニーズに合わせてかなり多様化しています。

基本的にラブローションは皮膚に塗るものなので安全性は高いのですが、飲んでよいものではありませんから、できるだけ口に入れないようにしたいものです。

「どうしても舐めちゃうし❤食べちゃうし❤」

舐めちゃう率が高い方は、はじめから食べられるラブローションを選ぶといいでしょう。

舐めてもいいラブローション↓↓↓もありますよ。

塗り合って舐めたり食べたりできるラブローション『ラブシロップ』

ローション 舐める
ローション 舐める
ローション 舐める

ラブローションはオナニーやセックスに使って、感度はもちろん愛情も倍増するアイテムです。

セックスの時、挿入がちょっと痛いかも…という女性にも滑りを良くして痛み改善する目的で多く利用されています。

一般的なラブラブローションは主に化粧品などの保湿成分や食品添加物などに含まれる増粘剤にも使用されているため、高い安全性があり、多少口に入っても安心です。

が、当たり前ですがおいしいものではなく、中には苦くてまずいものもあるため、ラブローションの代わりにアイスクリームとかチョコレートシロップをパートナーの体に塗ってペロペロ…というカップルも結構いるのです。

チョコとかアイスは まあおいしいですけど(笑) かなりベタベタしますので、使い心地が良いとはいえないでしょうね。

そう考えるとべたつかなくて食べても大丈夫で、なおかつおいしいラブローションが理想ですが、そんなわがままなニーズに応えてくれるのが、ラブシロップです。

ラブシロップのフレーバーは「メープル&ナッツ」と「ラブシロップドキドキ(ベリー&ライム)」の2タイプがあります。
 

ローション 舐める
ローション 舐める
ローション 舐める

ローション 舐める
 

 

ラブローションでコンドームが溶ける!?ゴム×油は相性悪し!

ローションを舐める

油性のものとコンドームと併用すると化学反応が起きてコンドームが溶けたり破れたりする可能性があります。

ラブローションはほとんど水でできていますが、中にはオイルを含んだローションもありますので、こういったものをコンドームと併用すると、化学反応が起きてコンドームが溶けたり破れたりするなど、劣化する可能性がゼロではないかもしれません。

コンドームと併用できるラブローションかどうかを必ず確かめてから利用しましょう。

コンドームを使う場合のラブローションはオイルベースではなく、ウォーターベースのものを使ってください。シリコン系のローションはオイルが使われているものもあります。
 
油分はゴムを溶かします。

油に含まれる成分がゴムと化学反応起こして溶けるわけですが、全てのゴムが溶けるというわけではなく、溶けない種類もあるということです。

いずれにしても、食品なども含めて 家にある油分を含むものを お手軽にラブローションの代用にしようと考えないことが無難です。

きちんとラブローションを買って使うのが安全でしょう。

万が一にもコンドームが破れてしまえば様々なリスクが生じますから、注意したいものです。

アダルトグッズショップのNLSには、ローションとコンドームについて、このように表記されています。

Q.ローションでコンドームが破ける心配はない?

A.破けに関しては、ローションによるものではなく耐久性に視点を向け、厚めをご利用頂く事をおすすめします。

また、ローションをつけたペニスにコンドームを被せる事は中で外れる心配がある為お気を付け下さい。

※一部油性タイプでワセリンやベビーオイル、ハンドクリーム等は劣化の原因になる場合がございます。

via:NLS