マン屁・ちならで彼氏が萎える!膣の空気音の予防・改善・対処法

マン屁25歳女性です。セックス中に体勢を変えた時に、膣から音がなります。おならのような「プッ!プッ!」という音です。
 
私には自分の感覚で膣から鳴っている音だとわかるのですが、主人はおならだと思っているようです。

この音が理由で、主人が萎えてしまって中断することもしばしばあります。

主人のペニスは小さいわけではありませんので「まさか自分の膣が緩いから・・・!?」ととても悩んでしまいました。
 
その音がどの体位の時に出やすいとかは今のところよくわかりません。友人などからも「セックスのときに音が出る」という話を聞いたことがないです。
 
この音が出だしてから 明らかにセックスの頻度も落ちましたし、これが理由でこのままセックスレスになっていくかも!?と思うと ぞっとします。

マン屁(ちなら)の原因は膣が空気に入ること。珍しいものではない

マン屁

セックス中に「プップッ」という音がすることはよくあることです。

おならと音が似ているので 膣のおならということで「ちなら」とか「マン屁」と呼ばれます。

セックス中にこの音がして女性側が「おならを連発していると思われたら」・・・と考えると 確かにとても集中できないですね。

マン屁の対処法としては プップッと音がしない体位を見つけて その体位でセックスすることです。

この音は全ての体位で鳴ることはなく 特定の体位をした時に 女性の足の上げ方や男性側の挿入の角度等の関係で鳴りがちです。

原因的には空気が膣に入ることで ピストンの度にその空気音が聞こえるわけです。

そのため、貴女の膣がゆるいわけでもなく 彼のペニスが小さいわけでもないので大丈夫ですよ。

「友人からはこの音は聞かない」ということですが、人によっては鳴らないこともあります。

貴女のように鳴る方も大勢いるので 特に珍しいことではないですが、ここではマン屁がしない、気にならない方法を紹介します。

ちならの予防・改善・対処法

マン屁

音がしない体位を確かめてセックスする

「ちなら」「マン屁」の対処法としては 上記で書いたように音がしない体位をよく確かめることがいちばん手っ取り早いです。

彼のピストンをゆっくりにしてもらう

セックスするたびに毎回音がする体位の場合は 彼にもう少しゆっくり動いてもらうことで 音が出にくく集中しやすくなります。

プップッ音は早くピストンした時の方が出やすいので ピストンをゆっくりにすることで音を抑えられます。

また挿入してからピストンをする時 彼がペニスを引く時に引きすぎている場合は、より空気が入りやすく 音が出やすいので ピストン中はペニスを引きすぎない程度に行うことも大切です。

セックス中にBGMを流す

その他の対処法としては、セックス中に音楽を流す方法もあります。

ムードに合わせた曲選びが大切ですが、貴女や彼の好みの曲を選び多少音量を上げてセックス中に流すようにするのです。

こうすると多少プップッと膣から音がしても 聞こえにくいので集中しやすいです。

テレビをつけておくのもマン屁の音を聞こえづらくするのに良いですが 番組の話が入ってくると集中しにくいので、やはり静かな音楽が適しているといえます。

セックス中に耳栓を使う

耳栓という方法もあります。

これは大げさな気もしますが マン屁音が気になりすぎて彼氏が萎えるという場合は 騒音防止の耳せんを使うことでも集中力が高まります。

まるでおならのようなプップッというマン屁音は多くの方が経験していることですから、貴女が過度に恥ずかしがることはないですよ。

どうすれば音を抑えられるだろうとか 集中できるだろうかという方向に意識を向けて セックスに前向きになる方が良いです。

そうすることで音が鳴らないコツが自然と見えてきて、気づけばどんな体位でも音が気にならず セックスを存分に楽しめるようになっているはずです。
 

高性能な耳栓
高性能な耳栓