勃起力低下の改善方法!恋人とのセックスでイケない時の問題は?

22歳男性です。恋人とのセックスに興奮しません。もちろん彼女のことは好きなのですが、アソコが十分に硬くならず、コンドームを付けている間に挿入できないくらいの硬さになることがほとんどです。挿入が出来たとしても”イク”ことができません。彼女からの提案で、AVを見ながらセックスをしたことがあるのですが、その時はちゃんと硬くなり”イク”ことが出来ました。

その結果、彼女からは「私のカラダじゃ興奮しないんだね」と悲しそうに言われました。そのため、彼女を傷付けるんじゃないかと、なかなかセックスに誘うことが出来ません。

彼女は性欲が強い方なのか、会うたびに求めてきます。いつも間をとって前戯だけで終わらせます。もちろん、ムラムラはするので、彼女が寝たあとAVで1人でしています。彼女のカラダで”イク”ほど興奮してみたいです。

 
付きあって恋人同士になるとキスやハグだけではなく、セックスで愛を確かめ合いたいですよね。この時にお互いの相性が悪かったり、お互いの気持ちがすれ違ってしまっては悲しいですね。

いくら付き合っていても好きな人とのセックスが物足りないとモヤモヤしてしまうのではないでしょうか。気持ちイイと感じられないのはセックスの際に お互いの気持ちが盛り上がらない行動をしてしまっているのかもしれません。今回は恋人と気持ちのいいセックスをするために、気をつけた方が良いところを紹介します。

男性は激しいオナニーに要注意!!

男性がイケない場合は自慰行為が激しい場合が多いようです。刺激の強すぎる『オナホール』などを日頃から使っていることが 彼女とのセックスで射精できなくなる「膣内射精障害」の原因として知られています。

他にも床オナや あまりに刺激が強すぎるオナニーは 低刺激なものや温もりに対してイキにくくなることがあります。「少し気持ちいい」と感じる程度か、たまにはと道具を使っている程度ならいいかもしれませんが、あまりに使いすぎると彼女とのセックスでうまくいかないことがあります。

彼女の手や舌による愛撫で気持ち良くなれず、膣内射精障害となってしまったら セックスに対しても苦手意識が出てきてしまうかもしれません。オナニーの道具に関しては 毎回ではなく、たまに使う程度に留めておいたほうが良いです。

いつもと違う環境や雰囲気でセックスを!

いつも過ごしている部屋や彼女の部屋といった 普段とあまり変わらない場所でしかセックスをしてないと、今イチ盛り上がらないですよね。自分も彼女もなんとなく盛り上がっていないままとりあえず・・・の行為になっていませんか?「セックスは脳でしている」とも言われているように雰囲気づくりはとっても大切です。散らかった部屋でテレビをつけながら始めてしまうのでは、盛り上がるはずもありませんね。

こちらも彼女も中々気持ちがアガりませんし、そんなセックスばかりではすぐにマンネリして面倒くさくなってしまいます。そんな時は部屋の明かりを少し暗くしてみたり、キャンドルや音楽などでムード作るのが良いでしょう。彼女もその気になっていつもより激しくなるかもしれませんよ。

精力剤で勃起力アップ

いざ挿入の直前に萎えてしまうという症状は、珍しいことではありません。考え事や悩みがあるときなど、頭の片隅にセックス以外のことを考えてしまうと、無意識のうちにセックスに集中できなくなることがあります。萎えた自分を見ると余計に勃起力が復活しにくくなります。
精力剤は、そのパワーを補ってくれるので、勃ったままの状態を維持してくれて意識もペニスに集中でき、挿入後も中折れなどの心配も解消してくれます。

ED(勃起不全)の初期症状の場合でも精力剤は効果を発揮してくれると好評です。

https://hair-grower.com/kurachaidamugorudo-koka-kurachaidamu-maka-sapuri/

お互いに気持ちよくなれるよう話し合いを!

遅漏や射精障害など セックスに関する悩みはほとんどが精神的な問題です。セックスに抱いているイメージやの過去の失敗、もしくは仕事や家庭のストレスなどが要因です。しかし身体的な問題も原因としてある場合もあり、特にセックスでイケない場合は激しいオナニーのしすぎや、男性ホルモンの分泌不足といった加齢によるものもあります。

また、パートナーとの体の相性が良ければすぐにイケるというわけでもなく、気持ちの盛り上がり、その時の体調などセックスは案外繊細なものです。彼女との付き合いが長くなったり、結婚生活が長くなると気持ちの盛り上がりはどうしても薄くなってしまいます。そういった時にすれ違ってしまわないよう、ほんの少しの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

本当に信頼できるパートナーだからこそ、お互いに信頼しあって気持ちよくなってください!