貧乳好き彼氏にEカップ巨乳彼女!巨乳嫌いは努力しても治らないという話

33歳男性です。相手が僕の理想の体型ではないことが悩みです。
 
彼女は痩せ型で、胸のサイズはEカップです。おそらく多くの男性が好む体型だと思いますし、友人に相談しても「贅沢な悩みだ」とバカにされるだけでした。でも僕は胸が小さい貧乳女性の方がタイプなんです。

彼女とは趣味が合い、そのことについて話したり出かけることが多くなって、自然と付き合う形になりました。もちろん初めから「スタイルがいい人だな」とは思っていましたが、初めて彼女とホテルへ行ったときに巨乳を見て、僕はちょっと気持ち悪くなりました。もちろん、彼女にはそんなこと言いませんし、言い方が悪いですが我慢して最後までやりました。

今も彼女とは週に3回ほどセックスしていますが、巨乳を見ると萎えてしまうので、部屋を暗くして彼女の体を見えないようにしないと無理です。それを彼女に黙っているのも悪いし、僕の心も我慢したままでいいのか!?と悩んでいます。

趣味があえば「男女の仲」としても上手くいくのか?

ライター中川デイブ

こちらの質問者サンの悩みについては、いくつかの点を個別に解説してみます。そうする事によって、結果としてトータルな答が見えてくると思うからです。『点と線』(松本清張)というわけですね。

まずは、つき合いだしたきっかけが「趣味」だった事。具体的にどんな趣味なのかは記されていないので、情報量不足の感は否めませんが、これならば元々の嗜好が一致しているのですから 気が合うのも当然ですよね。話題が尽きる事もないでしょうし、デート先を思案せずに済みます。

意見の食い違いで口論になる事もあるでしょうが、高度なイデオロギーの違いから生じてくる諍いなので、ディベートで解決してきているはずです。

お互いに“共感できるところ”があるので、自然と魅かれ合っていくのも流れでしょう。ベッド・インに関しても同じです。

ところが、趣味が合うからといって「性癖」が合うとは限らないんですよねぇ。そこが難しい点です。

質問者サンはプレイの内容についてより、彼女の“体型”に問題があると…。

確かに質問者サンが周囲から言われるように、パートナーが痩せ型で巨乳というのは理想のスタイルといえるでしょう。質問者サン本人も体の関係を持つ前は「スタイルがいい人だなと思って~」と述べています。

しかし、実際に裸体を見てみると「萎えてしまう」ほどに胸が大きい、と。つまり、“極度の微乳(貧乳)好き”だ、との事。

ここからは、次の点についての考察になりますが セックスにおいて体の相性以前に 彼女のオッパイが大きいのが“イヤでイヤでしょうがない”ほど体型がお気に召さない…。趣味が合い、セックスの合意もあるのに嫌だとは。これは根が深そうですね、当人には。

でも、質問者サンよりも少しだけ長く生きてきた私には シンプルな悩みであるとも言えるんですよ。
 

セックスを総合的な快楽として捉えてみる

そもそも初めて彼女とセックスした時、気持ち悪くなって「我慢して最後まで」というのは重症ですよ。以来、部屋を暗くしてオッパイを見ないようにシているというのも。それでも、週に3回シているというのは奇跡というか、私(筆者)には理解できません。

どうせなら、真っ暗にしてスるプレイがあるので、そちらに見せかけるとかの配慮が欲しかったところですね。または、胸の部分だけタオルで隠して見えないようにするとか。

それとオッパイが嫌ならば、彼女のマ○コの締まり具合や内襞のザラザラ感、陰毛の生え具合(パイパンor剛毛)、ラーゲ等々で 他の楽しみを見い出せないのでしょうか?

女性は得てしてカンがいいので、普段の態度から質問者サンが“大の巨乳嫌い”という事はバレバレのはずです。それでもセックスをシているのですから、よほど質問者サンが好きなのか、自分としてのプレイの相性が合っているのかだと思います。

何とか、オッパイ以外でも“ツボ”を見つけて良いセックスができる努力をしてみましょう。
 

ひとつの結論、そしてリ・スタートを!

上記の2点で、抱えている問題点と(おぼろげな)解決点(法)が分かったかと思います。

そして最後に挙げる点としては、「それでも、どうしても巨乳が嫌」ならば、肉体関係のみを解消してしまうのです。

「吐き気がする」「体を見えないようにしないと出来ない」こんな事を繰り返していれば EDになってしまうかも知れないですよ。文面からは、ストレスも感じますし。

それならば一層の事、恋人関係を解消して「元の趣味友」に戻った方が精神的に良いようにお見受けします。

当然ながら、彼女は納得しないでしょう。分かってもらうには、じっくりと真摯な態度で向き合って話し合う事です。

つまり、ひとつひとつの事象(問題点)を重ねていって、線として繋げてみると「1周まわって」元の趣味友に戻るという事ですね。そういう関係も、あっていいんじゃないかと思います。

それでも彼女が「No」と言うならば、きっぱりとお別れするしかないですね。“巨乳嫌い”は、努力すれば治るという性質のモノではありませんから。
 
 

この記事を書いたライター
中川デイブ(なかがわでいぶ) 
手書き時代から健筆を振るうフリーライター。「政治から風俗まで」とフィールドの幅は広い(でも浅いw)53歳、2度目の独身。現在、婚活中。