花柄パンツのPCMAX不思議ちゃんセフレとのうぶなエッチに大興奮!

今回のお相手は
PCMAXで出会った若い子です。

デザイン系
(説明されたけどあんまりよく分からなかった……)の
専門学校に通ってる学生さんだそうですが、
初対面で印象に残ったのはファッションでした。

花柄の丈が長いワンピースで、
色は落ち着いたベージュなんですけど、

何ていうんでしょうか、
ちょっと前に流行った「森ガール」みたいな
雰囲気だったんですね。

言葉が古くて申し訳ないですけど、
既にオジサンと言っていい年齢の自分には
女の子のファッションを説明するのは
難しいです……

しかし、これまで出会い系で会った
女の子の中では
あんまりこういう雰囲気の
ファッションの子はいなかったので、
ちょっと新鮮でしたね。

顔もちょっと幼い系で、
眠たそうな目で
「こんにちわ~」って感じで
ぼんやり話すのも
雰囲気に合ってましたね。

小さいリュックみたいなのを
背負ってるのもかわいかったです。

とりあえず近くのお店に入って
食事したんですけど、
話してるときも
やっぱりちょっと天然というか、
ちょい不思議ちゃん入ってる
感じがしましたね。

こっちがなにか
くだらない冗談言っても
無反応だったりして、
あれっと思って顔を見てみると
「???」って感じで……

つまり、
よく分かってないんですよね。

まあ若い子と話す時は
こういう風に
話が噛み合わないことって
ありますけど、

この子の場合は
またちょっと違う感じに
ズレてるんですよね。

例えば「フェイスブックが~」って
話をこっちが出した時も
なんだか不思議な反応だったので、
詳しく聞いてみると

フェイスブックってなんですか~?

若い子で
フェイスブック知らないってのは
割と珍しいと思うんですけど、
まあそういう独自の雰囲気を
持ってる子でした。

でもそういう感じが
自分は結構好きで、
いい雰囲気で
なかなか楽しくお喋りできましたよ。

ただ、

お酒は飲めないんです~

とのことなので
酔ってなし崩しに
誘う作戦も使えず、
これは無理かな……と思いつつ
ダメ元で

ホテルでも行って休憩しよっか?

と言ってみると

は~い

と即答されたので
これまた驚き。

えっ、もしかして 
これもよく分からず返事してるんじゃ……

と思いながらも
気が変わってしまわないうちに
慌ててラブホ街に入りましたよ。

正直なところ、
歩いてる姿を見てるだけで
ムラムラしてくるってタイプの
女の子ではないんですよね。

体も小さいし、
実際おっぱいもお尻も
小さかったですし……。

でも、顔もそうですけど、
とにかく雰囲気全体が
なんとも可愛い子だったので、
なんだかんだでベッドで横になると
やっぱり興奮してました。

とりあえず試しに
相手の口に一瞬だけキスして、
その後お互いに顔を見つめて
2人で笑ったり……

うーん、

人妻さんとの
濃厚な汗だくセックスもいいけど、
たまにはこういう
かわいいウブもたまりませんね~。

しばらく体を撫でて
イチャイチャした後、
ワンピースの裾を
めくりあげるときは
なかなか興奮しましたよ。

やっぱりベッドの上で
丈の長いスカートをめくる時の
背徳感というか満足感には
独特のモノがありますね。

白に小さい花柄の
とっても可愛らしいパンツでした。

アソコをパンツ越しに撫でてあげると、
はじめて

あんっ♡

と可愛い喘ぎ声を
出してくれました。

パンツ越しのアソコが、
すごく柔らかかかったんですよねぇ。

痩せてる子って
抱いてると骨の感触が
固く感じることがあるんですけど、

この子は小さくて痩せてるのに
体がぷにぷにしてるって感じで
柔らかかったんですよ。

そのうちパンツに
染みができてきたので
集中的にアソコを
責めてあげることにしました。

どんどん染みが広がって
クチュクチュ音が
立ってきたころには
自分のアソコも
かなりビンビンでしたよ。

向こうは仰向けで
両脚を揃えて
上に伸ばすような体勢だったんですけど、

体が柔らかいのか
ずっとその格好でも
辛くないみたいでした。

パンツがぐしょぐしょになったところを、
最後に小指を入れて
ぐーっと奥まで押し込んじゃうと

あ~♡

と大きい声を上げて
ぐっと脚に力が入って、
それから急に力が抜けて
だらしなく両足が開いちゃいました。

可愛い顔して、
しっかりイっちゃってたと思います。

これでもう挿入しなくても
満足してしまったので、
その後に手コキで簡単に
抜いてもらうだけで終わりました。

自分がシャワーを浴びて、
部屋に戻ると
女の子の方はベッドで
眠ってましたね。

おっぱいでも触ってイタズラしようか……と
一瞬思ったんですけど
ベッドに座るとそんな気に慣れず、
自分も横になるとすぐにウトウトして
ちょっと眠っちゃいました。

いやあ、ラブホでこんな風に
本気で寝ちゃうのなんて
はじめてでしたね。