ゴムなしセックスしたいとき素股とアナルプレイなら生挿入なしでOK

ゴムなしセックス40歳男性、独身です。ゴムを着けたエッチでは全然満足できず、むしろフラストレーションが溜まってしまうのが悩みです。

かといって生挿入や特に中出しに関しては、自分自身やパートナーのリスク(性病や妊娠)が高いので怖くてできません。
 
私がコンドームをつけたセックスでも満足出来るようになればいいのですが、現状 それでは全然満足できず、悶々とした性生活を送っております。
 
たまに中出しOKな風俗に行き欲求不満を解消してますが、金銭的に数多く行けるわけではありません。

コンドームセックスでも満足出来るようになるテクニックはありませんか?
 

確かにゴムありとゴムなしの感触の違いは大きい

ゴムなしセックス
 
ゴムなしセックス最近はコンドームが薄く 性能がよくなって 生挿入のような感覚が得られるそうですが。

女性側からしても、ゴムなしとありでは大分感触の違いがあると感じます。女の私がそう思うのですから、男性からしたらかなり違いがあるのでしょうね。

たしかに一度でもコンドームなしのセックスをすると ゴムを付けてエッチするのに快感を感じなくなると思います。

コンドームなしとありでの違いは「直にお互いの体温を感じることができるかどうか」という点ではないでしょうか。

お互いの体温を感じることでペニスがアソコに入っているという実感がわいて興奮することを考えると やはりゴムあり・ゴムなしの差は大きいでしょう。

精神的にも 好きな人に入れている、受け入れられているという気持ちを感じることでも満足感が得られるのです。

コンドームを付けているとどうしても1枚膜が張ったような感じになり、肉体的にも精神的にも満足できないような気持ちになってしまいますが、ゴムなしでセックスしてもし望まない妊娠をしたら・・・。

生挿入のリスクを考えると、やはりコンドームはつけたほうがいいですし、つけるべきですよね。

そこでここでは「生挿入しなくても」気持ちよくセックスができる方法についてお話していきます。
 

ラブローション素股で生挿入の気持ちよさが得られる

ゴムなしセックス

ゴムなしセックス素股という方法を使えば、ゴムを付けない状態でするので パートナーが上手であれば 生挿入のような満足感がありますよ。

ですが、これには注意点があります。「素股をパートナーに頼むときは慎重に!」ということです。

素股は普通の男女の営みではあまりしませんよね?

素股は どちらかというと、風俗嬢がプレイで使うテクニックの1つです。

パートナーが本命彼女であれば、素股をお願いしたときにヘタをしたら相手の機嫌が急降下して致命的・・・ということもあります。

ですから、言葉選びや雰囲気を大切にした上でお願いしてみましょう。

お願いする流れとしては

ラブローションって気持ちいいんだって
 
・・・と言いながら、ラブローションで2人でイチャつきながら 素股にもっていくのがポイントです。

決して「素股して」と直接的な言い方はしないように!

女性が素股を知らないこともありますから、あなたが事前に素股のやり方を調べておいて 彼女に教えてあげるのもいいでしょう。

教えるときも事務的に話すのではなくて、エロい雰囲気で彼女に話しかけます。

エッチなところが丸見えだよ❤
ヌルヌルで気持ちいいね
 
・・・など、合間に言葉や音でパートナーを興奮させたりして お互いが気持ちのいい時間を過ごせるように心がけましょう。

ラブローションを使い、コンドームなしでペニスをアソコに擦り付けることで、気持ちよさや興奮はかなり高まるはずです。

このときのテクニックとしては、バックからパートナーにしっかり太ももでペニスをはさんでもらうことです。

素股をマスターすれば、あなたも彼女もやみつきになってしまいますよ(笑)

 

どうしてもペニスを挿入したい・・・アナルセックスならコンドーム付きエッチも満足できる?!

ゴムなしセックス

ゴムなしセックス素股でも十分に気持ちいいですが、やっぱりパートナーの中にペニスを挿入したい・・・という気持ちがあるのなら、少し高度なプレイになりますが アナルセックスがいいでしょう。

アナルセックスはパートナーへの説得や アナルをほぐすのに時間がかかるのであまりおすすめはできませんが・・・あなたがどうしても満足したい、そしてその気持ちに相手が応えてくれるのであれば やってみる価値はあります。

アナルセックスはゴムありでするのですが、アソコとは違って締め付けがとても強いので 肉体的にも十分な快感が得られます。

真摯にパートナーにアナルセックスをしたい理由を説明して、あなた自身がプレイについてよく調べ 相手に優しく接することができれば 女性も同時に気持ちよさを感じることができますよ。アナルは男女共通の性感帯です。

パートナーがアナルセックスに賛同してくれたとしても、無理は禁物です。焦って先を急がずに ゆっくりアナルをほぐすところから始めてみてくださいね。

 

妊娠を望まないのならコンドームをつけるのはマナー

ゴムなしセックス

ゴムなしセックス生挿入でないとセックスがもの足りない・・・実は女性でも そんな男性と同じような気持ちをもっている人はいます。

男性の場合は 射精という男性特有の本能が、生のほうが気持ちいいと感じさせるのでしょうね。

相手が彼女であれセフレであれ 妊娠を望まないのならコンドームを付けるのはマナーです。

お互いが妊娠してもいいと思ったときは、いくらでも生挿入も中出しもできるのですから、それまではできるだけ生挿入は我慢しましょう。

生で入れなくても、工夫することでお互いが気持ちよくなる方法はいくつもあります。今回紹介したラブローション素股はおすすめなので 試してみてください。

あとは、セックスするときのシチュエーションを毎回変えてみてもいいですよね。やはり刺激があったほうが マンネリ防止にもいいですからね。

色々試してみて刺激あるセックスライフを送ると コンドーム付きでも満足のできるセックスができますよ。