【風俗のガサ入れ】グレーな風俗店のガサ入れに客として遭遇したら?

風俗店のガサ入れとは?

風俗 ガサ入れ

風俗店を利用したことのある男性なら「ガサ入れ」という言葉を1度は聞いたことのあるかもしれません。実際にそれがどんなことなのかを知ってるのは運悪くその場面に直面してしまった人くらいだと思いますが。

【ガサ入れ】とは、風俗店が風営法という法律を違反していないかどうか、取り締まるために ある日突然、店舗に警察の人がくることです。店に来たら店内の現状をみたり、従業員の名簿を見て 未成年が働いていないかどうかなどをチェックするのです。

数年前まではそこまで取り締まりも厳しくなかったのですが、近年ではどんどん厳しくなってきています。例えば全ての風俗嬢の住民票が必要になったり、マイナンバー制度も導入されて、脱税などのチェックの目も厳しくなりました。

この【ガサ入れ】は店舗がある・ないにかかわらず 全ての風俗店で行われています。最近目立ってきた、無店舗風俗店の【デリヘル】にも もちろんそれは行われています。

でも いちばん厄介なのは【店舗型風俗店】です。

なぜかというと、店舗型は直接店に行ってエッチなことをする風俗店です。風俗店で【ガサ入れ】が入ったときに、あなたがお客さんとして風俗サービスを利用していたらどうなるのでしょうか?

きちんと【ガサ入れ】を把握していないと、楽しもうとしてやって来た風俗店で大変な騒動に巻き込まれることもありますよ。

お客として風俗店にいくときの【ガサ入れ】の注意点について、お話していきますね。
 

ガサ入れナンバーワン!危険なのは【飲食店営業】のピンクサロン

風俗 ガサ入れ

店舗型の風俗店はお客として行ったときに男性も被害を受けてしまう確率が高いのですが、これは業種によって差があります。

最も危険なのは、ずばり【ピンクサロン】です。なぜかというと、ピンクサロンは【飲食店営業】という名目で許可をとっているからです。この許可は、【キャバクラ】などと同じ許可証となります。

ピンクサロンは、なぜか席に着くと飲み物がでてきますよね?それはキャバクラのような営業形態という「建前」だからです。ですから、エッチなことをすることは本来できません。

じゃあなんでエッチなことができるの?
 
それは、あまり派手に営業しなければ警察も目をつぶっている・・という、かなりグレーゾーンな営業だからです。

ですから、ピンクサロンに行くときはくれぐれも警察のガサ入れに気をつけてください。

まあ実際はガサ入れがいつあるかなんてわかりませんし、お客の立場では気をつけようはないのですけれども。

ガサ入れは「突然」やってくる!行為中だと客も事情聴取される悲劇に見舞われる!

風俗 ガサ入れ

ガサ入れはある日【突然】がほとんどです。といっても、だいたい店側は「この時期にくるかな~?」という目星が立っています。

でも、実際に来ることがなかったり、他の店が入ったのにこちらは入らなかった…ということもたくさんあります。ですから予想をつけるのは、困難ですね。

もしもガサ入れが入ったとき、あなたがお客として店内にいたらどうなるのか?ですが、エッチな行為、例えば【下半身を出している】【風俗嬢が裸だった】時は・・・残念ながら、あなたも連行されてしまいます・・・。

もちろん風俗嬢や店員も一緒に連れていかれますよ。とはいっても事情聴取…単に話を聞かれる程度なので【拘留】はありません。それも大体1時間ほどで終わります。

でも、当たり前ですけど、そんな目には遭いたくありませんよね。どうすれば、そんな悲劇が起きないのか?ポイントはこんな感じです。

●無店舗風俗店を利用する(デリヘルなど)
●ネットで、ガサ入れの情報を調べる
●万が一ガサが入った時のことを考えて、自分や風俗嬢の露出は最低限にする

 
あなたも客の立場として「風俗店は法律の網の目をくぐって営業している」という事実を頭の片隅においておきましょう。

どんな風俗店も、確実に風営法を守っているわけではありません。グレーな部分が多いか少ないかの違いで営業しているのです。

ですから、楽しく風俗を使いたいなら、最低限の知識を持って遊んでくださいね。
 
 

この記事を書いたライター
七海:女性・30代後半・既婚
18歳から風俗で働き始め、20代は仕事と色々な不倫を体験しました。現在は風俗で知り合ったお客さんと結婚し、1児の母です。風俗や不倫体験をいかして、コラムを書いていきます。