S女のための彼氏M男化テクニック!Mの覚醒で一緒に気持ちよくなる

日本人男性にはM男の性癖をカミングアウトできない人が多い

s女 m男

女性でも、Sっ気がある人っていますよね。

いつも、彼から攻められてばかり・・たまにはこちらから攻めたいな❤
男性が気持ちよく喘ぐのを見るのが好き❤

 
最近の女性は肉食女子が多く、攻めたい願望を持っているS女もたくさんいます。

でも、実際はセックスするとき、男性が女性を攻めるパターンが多いですよね。

やはり、本能的に男性は種を残したい、という性質があるので これは致し方ないのかもしれません。

ですが、近年は草食男子やM気質な男性が増えてきているのも事実です。

AVや動画、漫画でも、痴女モノが好きな男性もたくさんいます。

ところが、なかなかその性癖を彼女にいえない男性が大半です。

M男だとバレたら、彼女から嫌われるかも・・・
男たるもの、こちらから攻めないとだめかな

 
そんな固定観念が日本男性は特に多いんですね。

ですからここは、女性のあなたから大胆に攻めていくのが得策です。

相手が言えないのであれば、あなたから積極的になることで、彼も

Mっぽくてもいいんだ

 
・・・と思うんです。

ここでは、彼の気持ちをM気質にするテクニックを紹介します。

マッサージしてあげる…そこからあなたのエロい攻めをスタートさせて

s女 m男

いきなり「攻めるよ!」と言ってセックススタートするのでは雰囲気がないですよね(笑)

まずは、前準備として 彼氏にこんなことを言ってみましょう。

マッサージしてあげる❤

 
男性は、疲れを癒してくれる女性が大好きで、癒されたい願望が強いです。

そこを利用して「マッサージする」と言ってみましょう。

マッサージなら普通に嫌がられることもありませんし、そこから自然な感じで営みに持ち込めるのです。

しかも、基本的にマッサージというのは【受け身】です。

あなたが彼を攻めたいのであれば、うってつけの状態ですよね。

ここでのポイントは、服は脱いで下着になってもらうこと。

そのほうが後で攻めやすいからです。

服を着てないほうがやりやすいし ほぐれやすいから

 
・・・と言えば彼も納得します。
 

焦らしながらパンツラインや陰部をソフトに触りつつ言葉責め

s女 m男

スキンシップの最中に彼のほうが我慢ならずにあなたを攻めようとしてきたら、やんわりと止めましょう。

ここで彼が攻めたら、あなたが攻められませんからね。

今日は、私が気持ちよくしてあげたいの❤❤❤

 
・・・と彼の耳元で囁けばOK

下着の上からペニスを触ったりして、エッチな言葉を囁いてみましょう。

下着、染みちゃってるね❤
触られて、気持ちよくなっちゃったの?

 
少し痴女っぽく言うと、M男は興奮すること間違いなしです。

このように、焦らしとエッチな言葉責めで十分興奮してきたら、下着をずらしてそのままフェラチオしてください。

もちろん、フェラも亀頭や裏筋など焦らしながら攻めていきます。

彼氏のM気質を引き出すには、焦らしと言葉責めがセットと覚えておきましょう。

こんな風にあなたからソフトに攻めることで 彼は攻められることの気持ちよさを感じます。

そしてこれを何度も繰り返していくうちに、彼は立派なM男になります(笑)

ソフトタッチでさわさわと触ったり乳首をくるくるマッサージ

s女 m男

マッサージのはじめは、普通にうつ伏せで肩や背中をもみもみします。

彼がリラックスしてきたら、今度はお尻のマッサージです。

ちょっとエッチな感じで、全体を揉んだり、さり気なく股のあたりを触ったりしてみましょう。

そうしたら次に仰向けになってもらいます。ここからちょっとエッチな雰囲気を作りましょう。

  • 乳首をソフトに触ってみる(指先でマッサージなど)
  • パンツラインを指先でなぞる
  • 下着に顔を近づける

こんなことをしていると、彼も興奮してきます。

次第に体がピクピクしたり ペニスが下着越しに膨らんできたりしているはずです。

乳首というのは女性のみならず、男性にもかなりの性感帯ですので、乳首責めに弱い男性も多いのです。

乳首だけのオナニーに「チクニー」という言葉があるくらい今やメジャーな乳首責めですが、いろいろなアダルトグッズも出ていますので、それらを利用すると意外と短期間で乳首の開発ができます。

彼をM男にするだけでなく、S女のあなたも乳首を開発してしまえば、セックスの快感値が確実にアップします。

この機会に2人で一緒に乳首開発を始めてみるのもおすすめです。

https://one-night-lover.com/otokonochikubizeme-chikubizeme-otoko-kimochiii-yarikata/