ブラジリアンワックスが痛い!セルフVIO脱毛で痛みを緩和する方法7つ

ブラジリアンワックスを使用する脱毛は「痛い」という人が少なくありません。ですが脱毛をするのに無痛ということはあまりないです。

とはいえ、これから紹介する7つの裏技を使用すれば ブラジリアンワックス脱毛の際の痛みを緩和することが可能です。

上手にブラジリアンワックス脱毛をする方法をマスターすれば、自分でいつでもツルツルの肌になることが出来ますし、自己処理をすればサロン脱毛を利用するのと比較してかなりリーズナブルですので、ぜひやってみてください。

ブラジリアンワックスを塗る前に毛を適度な長さにカットしておく

レーザー脱毛などでは毛は剃ってから施術をしますが、ブラジリアンワックス脱毛の場合は毛を適度な長さに伸ばした状態で行う必要があります。

そして適度な長さとは最短でも1㎝程で、最適な長さは親指の第一関節くらいです。

過去に毛を処理してまだ毛が短いと、伸びるまで待ってから行わなくてはいけません。

ですが逆にあまり長いとブラジリアンワックスでの脱毛はしにくくなります。

VIOに関しては3㎝以上伸びることも多いですが、毛が長いと毛がワックスに絡むのでやりにくくなりますので、毛が長い時には2㎝から3㎝程にカットすることをお勧めします。

ブラジリアンワックスを塗るときには毛穴が緩んだ状態がベター

寒い時にはどうしても毛穴が引き締まるため、ブラジリアンワックスで脱毛をすると 毛穴へのダメージが大きくなります。

ですから入浴をして体を温めてから脱毛をすると、毛穴も緩くなるので 痛みを感じにくくなります。

ですが あまり温めすぎもよくありません。

温めすぎると皮膚がふやけて、シートを剥がす時に皮膚に大きなダメージを与えますから、毛穴が少し緩くなるくらいがベストです。

ブラジリアンワックスは毛の根元に塗る

ワックスを塗る時のポイントは 毛先ではなくて毛の根元に塗るようにしましょう。

余計な毛にワックスが絡むのを防ぐ為に 空いた手でカバーして根元に薄く均一に塗るようにして下さい。

塗り終わりは横に逃がすとワックスが切りやすくなります。

ブラジリアンワックスを広い範囲に塗らない

ワックスを広範囲に一気に塗って 剥がすと痛みが強くなります。だから広い範囲ではなく、1㎝~3㎝四方が目安です。

特に肌が繊細なVIO脱毛は 狭い範囲で少しづつ脱毛をするのがポイントです。

ブラジリアンワックスでシートをはがす先には皮膚をきちんと押さえる

シートを剥がす際には皮膚がもっていかれない様に逆の手できちんと押さえておいて下さい。

シートを剥がす向きと逆向きに押し伸ばす感じに押さえると痛みを緩和できます。

ブラジリアンワックスのシートは勢いよく剥がす

正しい向きにワックスを塗ってきちんと皮膚を押さえたら、躊躇せずに勢いよく剥がして下さい。

ワックスを塗り時間が経過すると体温で溶けるので緩くなり脱毛効果が減ってしまいます。

だからバリっと音が鳴る様に勢いよく剥がすのがポイントです。

ブラジリアンワックスでヒリヒリした時は休憩して冷やす

ブラジリアンワックス脱毛をしている時に肌が赤くなったり、ヒリヒリした場合は無理せず休憩をして下さい。

この症状は脱毛する際に皮膚に刺激が与えられるので 起きて当たり前の変化です。少し休憩して肌を冷やすといいでしょう。

水で濡らしたタオルをヒリヒリする場所に当てればOKですし、保冷剤を使用する方法もあります。